カラダにやさしい麺作り 株式会社川喜 カラダにやさしい麺作り 株式会社川喜

ブログ

ひっつみの美味しい食べ方

nabeひっつみの定番。体の芯まであったまる鍋です。
だし汁に、ごぼう、人参、きのこや鶏肉を入れ、
最後に長葱、みつ葉、せり等を入れて仕上げます。

[材料(4人分)]

(A) 小麦粉・・・・・・300g
水・・・・・・200cc(約1カップ)
だし汁・・・・・8カップ
(B) 日本酒・・・・・・大さじ2~3
しょうゆ・・・・・・大さじ3~4
塩・・・・・・小さじ1~1.5
鶏もも肉・・・・・・1枚
ごぼう・・・・・・80g(約0.5本)
人参・・・・・・80g(5cm位)
きのこ(舞茸・しめじ・生しいたけ等)・・・・・・適量
長葱・・・・・・1本
みつ葉・せり等・・・・・・適量
[南部ひっつみの作り方]
1.
<ひっつみ>深めのボールに(A)の小麦粉を入れて水を加え、耳たぶくらいの柔らかさにこねてまとめ、ぬれぶきんをかけて2時間位ねかせます。
<ひっつみ>は岩手県を代表する家庭料理です。県内産の小麦粉(ナンブコムギ)ならより一層味わい深いものとなります。

2.
・ 鶏肉はぬれぶきんをしぼってきれいにふいて、一口大に切ります。
・ ごぼうは大きめのささがきにして水にはなし、アクぬきをします。
・ 人参はたんざく切りにします。
・ きのこはそれぞれ食べよい大きさにさきます。
・ 生しいたけは薄切りにします。
・ 長葱は斜め切り、みつ葉やせりは3~4cmの長さに切ります。

3.
鍋にだし汁、ごぼうを入れて火にかけ、少し煮えたら人参と鶏肉を入れ、一煮立ちしたらアクをとり(B)で調味し、きのこを入れます。

4.
1の生地を左手に持ち、右手を水につけながらうすく延ばして、食べやすい大きさにちぎって煮立っている3の鍋に入れます。

5.
ひっつみは煮えると浮きあがってきます。最後に長葱を加え、更にみつ葉やせりを入れます。

【澄んだだし汁のひっつみがお好みの方は…】
4.
1の生地を左手に持ち、右手を水につけながらうすく延ばして、食べやすい大きさにちぎってゆでます。
ゆであがったひっつみは、冷水で冷まし、ざるにとっておきます。

5.
3のだし汁を煮立たせ、長葱を加えます。

6.
4を器に入れ、5のだし汁をかけ、みつ葉やせりを入れ、盛り付けます。

“ひっつみの美味しい食べ方” への2件のフィードバック

  1. 拓さん より:

    我が家(おふくろの直伝ですが)では、記載の材料に更に油揚げを刻んで入れます、鶏がらスープにとっても合います。特に、真夏それも今の時期からお盆にかけて、フーフー言いながら食べるすいとんは最高です。それと、薬味にミョウガを刻んで乗せ、これも最高です。今年もお盆には帰省するので、だぶん、作ってくれると思うので今から楽しみにしております。

  2. admin より:

    拓さん様

    コメントを頂き、誠にありがとうございます。
    油揚げを刻んで入れるんですか、想像しただけでも美味しそうです!
    真夏にも召し上がるとは、それだけ美味しいって事ですよね。
    おふくろ直伝の最高のすいとん、今から楽しみですね!

コメントを残す