カラダにやさしい麺作り 株式会社川喜 カラダにやさしい麺作り 株式会社川喜

ブログ

5月のオススメ麺レシピ☆冷やし中華 イーハトーブの国より

今月は、【冷し中華 イーハトーブの国より】をご紹介します。

「冷し中華」は、「盛岡冷麺」、「冷やしラーメン」と並ぶ、

「みちのく三大冷し麺」の一つで、

昭和10年代、今から70年以上前に誕生しました。

仙台の中華料理組合が、

夏場の売り上げ向上のために開発したものが原型といわれています。

戦中~戦後には一時メニューから姿を消した時もありましたが、

昭和20年代後半には復活して、

赤、黄、緑といった彩りを使った、

現在おなじみの冷し中華ができあがったそうです。

川喜の【冷し中華 イーハトーブの国より】の麺は、

「遠野物語」が今なお語り継がれる、

宮沢賢治の国「イーハトーブ(理想郷)」のおいしい水を仕込み水に使っており、

小麦本来の旨みを最大限に引き立てています。

たっぷりお野菜と一緒にお召し上がりください。 

hiyasityuka
 

○材料(1人前)○

冷し中華      ・・・一食分

きゅうり       ・・・1/2本

錦糸玉子      ・・・卵1/2個分

ハム         ・・・2枚

もやし        ・・・適量

お好みの彩り野菜・・・適量

○作り方○

 1)2ℓの沸騰したお湯に麺をほぐしながら入れ、固めの場合は60~80秒、やわらかめの場合は90秒少々ゆでます。※ゆで時間にはご注意ください。

2)ゆで上がった麺をザルにとり、冷水でよく洗い、水を切って器に盛ります。

3)麺に添付のスープをかけ、千切りにした具材をのせてお召し上がりください。

RIMG1529

 冷し中華 イーハトーブの国より】ご購入はコチラ

 

 

“5月のオススメ麺レシピ☆冷やし中華 イーハトーブの国より” への6件のフィードバック

  1. 拓さん より:

    岩手の冷やし中華は最高です。なんて言うか、上手く表現できないのですが、舌になじんでいるせいか、とにかく旨いんです。関東で食べる冷やし中華は見かけは同じなのですが、味的にはいまいちなんです。「冷し中華イーハトブの国より」は、そんな大好きな岩手の冷し中華の味がします。

  2. 株式会社 川喜 より:

    拓さん様

    コメントを頂きまして、誠にありがとうございます。

    「上手く表現できないけど、とにかく旨い」という
    このようなお言葉、とてもうれしく存じます。

    今後ともご愛顧の程、何卒よろしくお願い致します。
    ありがとうございます。

  3. Carol Newman より:

    岩手の冷やし中華は最高です。なんて言うか、上手く表現できないのですが、舌になじんでいるせいか、とにかく旨いんです。関東で食べる冷やし中華は見かけは同じなのですが、味的にはいまいちなんです。「冷し中華イーハトブの国より」は、そんな大好きな岩手の冷し中華の味がします。
    +1

  4. teruterubz より:

    先日、新宿の伊勢丹で買いました。味見させていただいたときに、「おいしい!」と思って買ったのですが、やっぱり、とってもおいしいです!麺もスープも、つるつる感といい、酸味と甘味が絶妙で、絶対もう1回食べたい!と思いました。最近、そんなふうに思えるものってあまりなかったので、どうしても、もう1回買いたいと思いホームページに来ました。売っていてよかったです!今年の夏は、はまりそうです。

  5. 株式会社 川喜 より:

    Carol Newman様

    コメントを下さり誠にありがとうございます。
    弊社の冷し中華をお召し上がり頂き誠にありがとうございます。
    岩手の美味しい冷し中華。「イーハトーブの国より 冷し中華醤油ダレ」は地元岩手県釜石市の天然水とその伏流水のブレンドで仕込んでおります。保存料添加物使用は極力ひかえ、小麦のおいしさをお届けできるようつとめております。
    お喜び頂けてとてもうれしく存じます。今後ともご愛顧の程何卒よろしくお願い致します。

  6. 株式会社 川喜 より:

    teruterubz様

    この度は、伊勢丹新宿本店にて
    「イーハトーブの国より冷やし中華醤油ダレ」を
    お買い求め下さり誠にありがとうございます。

    「麺のツルツル感、スープの程よい酸味と
    甘味が絶妙で、絶対もう一回食べたい!」

    とてもうれしいコメントを頂き、ありがとうございます。

    この夏もお客様に喜んで頂ける冷し中華造りに
    全従業員一丸となって励んでまいります。

    今後ともご愛顧の程なにとぞよろしくおねがいいたします。
    感謝。

コメントを残す